FIT工学部のたしかな教育と研究 FIT工学部の強み

九州私大理工系大学の中でも極めて高い研究力を持つFIT工学部

2014年度に科研費を獲得している教員比率(研究力の指標)は工学部で約50%で福岡県内他大学工学部をはるかに上回る水準を長期にわたって維持
平成25年度に電子情報工学科の盧教授を代表とする研究チームや生命環境科学科の宮本准教授を代表とする研究チームでは、平成26年度に文部科学省が管轄する大型プロジェクトに採択(過去には生命環境学科、知能機械工学科も採択)

九州私大工学部の中では、非常に高い研究力を誇っています。

FIT工学部 4学科の教育面

電子情報工学科

  • ●電子系科目と情報系科目を同時に学び、ハード・ソフト両方の確実な基礎力を修得
  • ●コンピュータを自由自在に使いこなすソフトウェア技術全般が身につく。

携帯電話や情報家電など電子情報機器の動作原理・制作技術、コンピュータ技術を修得し、かつ、ひらめきとアイデアでモノを創り、動かすことを修得する電子情報工学の総合分野です。

詳しくは電子情報工学科へ

生命環境化学科

  • ●1・2年次から卒業研究に近い取組を行い、より早い段階からの研究活動が可能
  • ●福岡県内の複数の高校と高大連携を積極的に推進

半導体、無機材料、有機材料などの物質化学・物質工学分野と生物化学、有機化学、遺伝子工学、環境微生物学など幅広い専門分野および食品化学分野に分かれており、また、太陽光発電や次世代電池、レアメタル資源リサイクルなどの環境エネルギー分野にも関係します。

詳しくは生命環境科学科へ

知能機械工学科

  • ●数学・物理の基礎をしっかり身につけさせる基礎学力重視型のカリキュラムを実践
  • ●ロボットや自動車などハイテクメカもつくり出せる実践的な機械設計技術を学習

ロボット・自動車・飛行機など知能機械の設計開発に関わるメカトロニクス分野とコンピュータ解析やCAD・CAMによる機械システムの設計製造に関わる機械設計分野の両方を学習します。

詳しくは知能機械工学科へ

電気工学科

  • ●就業力を養うためのコミニュケーション・プレゼンテーション教育に注力
  • ●電気主任技術者の資格取得が可能

電気エネルギーの発生や輸送・貯蔵に関わる電気エネルギー分野と電気自動車・高速鉄道・超微細モーターなど動力発生や省エネルギーに関わる電気機器分野、ロボット・省エネルギー・家電製品の開発など快適な生活空間の創造に関わるシステム制御工学を学習します。電気主任技術者の認定校であるFITは、指定学科目の単位を取得して卒業し、一定の実務経験を積めば、電気主任技術者の資格を取得が可能となります。

詳しくは電気工学科へ

資料請求