大学入試
社会環境学部 社会環境学科を受験される皆様へ(試験科目エッセイについて)

インターネット出願はこちらから

福岡工業大学社会環境学部では、2017(平成29)年度入試より3教科型入試において試験科目としてエッセイを導入し、「基礎的な知識及び技能」以外の能力、すなわち、「思考力・判断力・表現力」、「主体的に学習に取り組む態度」について併せて評価しています。文部科学省が進める「高大接続改革」においても、大学入学以前に培った「学力の3要素」を多面的・総合的に評価することが重要であると示しております*1
エッセイは、社会環境学部への入学を希望する方が、高校までの学びあるいは将来の希望との関わりのなかで、なぜ社会環境学部を選んだのか、社会環境学部で何を学びたいのか、さらには社会環境学部で得られた学びを社会人として将来にどのように生かしたいかについて多面的に評価するための試験科目です。入試という機会を通じて、大学での学びについて是非考えてほしいと思っています。
以下の内容をご確認いただき、エッセイへの事前準備をお願いします。

エッセイ課題の概要

テーマ 大学での学びについて
出題のねらい エッセイの準備を通じて、志願者が、高等学校段階までの学びの過程をふり返り、その過程から本学における学びについての具体的な関心や意欲などを見通し、本学における学びの準備(とりわけ、意欲をもって主体的に学ぶ準備)を整えるものと期待している。
出題内容
  • 意見のまとめ(各300字)
    ① これまでの経験上のエピソード
    ② 社会環境学部での学びの意味
  • 身に付けたい力についての考え(300字)
    大学での学びによって身に付けたい力
    (下記に示す“身に付けたい力の例”を参考に考えをまとめておくこと)
身に付けたい力の例
  • 物事を多面的に考える力
  • 自ら考える力
  • 自主的・継続的に学習する力
  • 社会に貢献する力
  • 広い視野に立ち柔軟に発想できる力
  • 計画的に課題に取り組み、まとめる力
  • 様々な課題に柔軟に対応できる力
  • 国際的にも通用するコミュニケーション力
  • 組織のなかで自己の能力を発揮できる力
評価指標
  • 設問指示の理解
    設問の指示に対応した答案が書けているかを評価する。
  • 意見の確かさ
    各観点について、説得力のある意見が書けているかを評価する。
  • 思考力
    文章の構成に着目し、論理的に自分の意見が述べられているかを評価する。
  • 表現力
    他者に伝わりやすい表現で意見が述べられているかを評価する。
  • 表記
    文章作法や誤字・脱字など、書く力を評価する。
  • 姿勢、能力
    主体的に学習に取り組む態度(主体性)、他者との関わりにおいて人間関係を形成する能力(協働性)など、学びの過程において必要となる態度や能力については、加点の対象とする。

*1文部科学省、『高大接続システム改革会議「最終報告」』(平成28年3月31日)を参照のこと

 

お問い合わせ

福岡工業大学 入試課
TEL:092-606-0634
FAX:092-606-7357
(受付時間:平日9:00~17:00)
→入試課お問合せフォーム

インターネット出願はこちらから

 

 

 

 

資料請求

FIT力 磨け!自分”力”インタビュー